2006年12月12日

紅薩摩芋・利右衛門:芋焼酎(新焼酎H17.9.9)

200510191f2f2a3a.jpg

産地:鹿児島県指宿市 指宿酒造協業組合
原材料:サツマイモ 米麹 アルコール分:25度
掛け芋:南薩摩産紅薩摩芋 製麹:H17.5.30開始
種麹:河内NK黒麹菌 酵母:鹿児島県酵母2号
蒸留方法:単式圧縮・蒸留未きりACL8%
原酒管理:濾過せず手作業のみで仕上げ
米麹:1000kg 種麹:1050kg 掛け芋:4800kg


一次仕込:H17.6.1より仕込水1200L
二次仕込:H17.6.6より仕込水2700L
蒸留・検定:H17.6.14より
新蔵出し・黒麹仕込

前田利右衛門300周年記念限定ラベル
製造責任者・杜氏:黒瀬 和吉
管理責任者:川上床 浩行
充填責任者:中釜 博

コノ酒はいきなり見るとビビってしまう。。
(@@;)
鮮やかなピンクのメタリックボディーで
キラキラしているダニ。超派手ですぇ。

パッとみは女性が好みそうなボトルだが、
果たして芋焼酎らしからぬ
派手派手なボトルから味が想像出来ないのが
正直な所ダニ。
ラベルには紅薩摩芋と謳ってあるから、
それで紅というかピンクなのか?
ただ感心した事は、上記の詳細がびっちしと
事細かにラベルに記載しあるッス!

コレを見ると少しは感心する。
他の芋ラベルにはココまで滅多に
書いてないからね。
なので、ラベルの記載表示は◎♪

けど見た目は個人的にアウチ。
主人は買ったけど私なら買わないかもと
言うぐらい瓶にインパクトを取られたッス!
しかし最初恐る恐るストレートで
飲んでみた。正直芋の香りと言うよりは
米麹のグッとくる感覚が強かっただぇ。
コレはロックかお湯割りだな…と判断。

寒い事もあってお湯割りにしたら大正解っ♪
ストレートで飲んだ以上に
芋の香りが柔らかく漂い、口に含むと
蒸かし芋みたいな甘さと香りが鼻から抜けて
とてもまろやかになり、飲みやすかった。

焼酎:お湯だと6:4で割ったけど、
コレならお湯を割らずに軽く燗して
飲んでもイイぐらい甘さもスッキリしてて
後味がサッパリしつつも残り香がフンワリあるッスね♪
(≧∇≦)b

やはり新酒なだけにストレートだと
チト角があるのかと思えば
お湯割りにしたとたんまろやかで
荒々しさがないッス。

飲んだ後思わず ( ´ー`)フゥー... と、
息ついて和めてしまう酒ダニ。

コノ酒なら、あまりり芋焼酎独特の鼻に
つくような香りはしないので
ほんわか香りを楽しめ苦手な人でも
お湯割りの第一歩を歩めるのでは?
と、思うッスね♪ ( ̄^ ̄)b
posted by 真琴 at 05:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 焼酎(乙) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。